ワンハーモニー(オークラ・日航ホテル)添い寝可能年齢と無料宿泊等々

f:id:tmja:20160317132223j:plain

オークラ・日航JALホテルグループのOne Harmonty会員ステータスがエクスクルーシィブにはじめて達成したので、今年度はオークラ/日航ホテルを沢山利用するぞと意気込んでいます。

長男が小学生になるのに伴う宿泊費増を抑える為に、ワンハーモニーの添い寝可能年齢を調べてみました。添い寝が小学校生でも可であれば、トリプルルームがあるホテルを探す必要もなく、大人2分の費用で宿泊できるので助かります。

貯め込んだ数万とあるポイント消費を今年中に使用をと考えており、どこのホテルで使用するのが良いのかも併せて調べてみました。

今回はオークラ編です。必要ポイントは2016年4月~2017年3月まで適応、じゃらんで調べた料金は2016年4月から3ヶ月程の最安値(ショートステイ、連泊条件は除外)です。冬等の閑散期の宿泊料金はより安い水準かと思われます。

f:id:tmja:20160317131633p:plain

1.添い寝可能年齢

未就学児のみ可能と小学生以下が半々ぐらいの比率でしょうか?オークラ系列の標準ツインルームはおおよそ30平米になっているとリストにして解りました。ベットサイズと宿泊者の大きさによっては小学生低学年ぐらいが実際の限界なのかもしれません。

鹿島ノ森は中学生でも可とホテルで伺いまいたが小学生までにしています。それと、ポイント宿泊の調査を先におこなったので、標準部屋のポイント宿泊の指定がない城山観光ホテルのみ上級ルームになってしまっています。

2.ポイント宿泊

鹿児島の城山観光ホテルを除く標準ツインルームの平均値を求めてみました。1泊14,810円/7438ポイント=およそ2。1ポイントは大体2円の価値が目安になりそうです。ポイント宿泊が最も有利なのが、オークラフロンティアホテルのつくば(3.25)と海老名(3.13)。反対に現金宿泊の方が良いのはオークラ福岡(1.31)と神戸(1.38)との結果となりました。

つくばと海老名はポイント宿泊がお得だから泊りに行きたいかと問われると、素直にYESと言えない気持ちなので、日航ホテルグループの方も調べてみてからポイントの使い道を決めようと思います。

f:id:tmja:20160317183848p:plain

日航ホテルのリスト作成しました。小学生添い寝可否はオークラと同じく半分半分ぐらいでした。1泊平均13,842円/9,300ポイント=およそ1.49.1ポイント1.5円程になりまいた。オークラ側に比べて必要ポイント平均が1,862(9,300-7,438)上昇しているにも関わらず、宿泊価格平均が968円減っているのが原因です。

各ホテルの現地での競争もあり価格は凸凹でしょうが、ワンハーモニーが目指している位置づけがオークラ2、日航1.5、JALシティ1(未調査)ぐらいなのではないかと感じます。

ポイント宿泊が最も有利なのは、日航ハウステンボス(2.5)で反対に現金宿泊が有利なのは日航八重山となりました。

One Harmonyは通常より少ないポイント数で宿泊できるキャンペーンをしています。

旧軽井沢の外れにある鹿島ノ森が4,000ポイント減( 通常10,000→キャンペーン6,000)で宿泊できるのであれば静かな軽井沢をゆっくりとして楽しみたいと選択したいところですが、子供達のことを考えるとディズニー脇のオークラ東京ベイになる予感がしてなりません・・。

<2016年3月18日追記>

f:id:tmja:20160318112536p:plain

JALシティも調べてみました。部屋の広さがオークラ/日航から10平米程落ちて20平米ぐらいとなっています。ツインルーム平均10,909円/4272ポイント=2.55。ポイント価値だけで見ればJALシティグループがオークラ/日航より優秀にみえます。

繁盛時期でも必要ポイント数は変わらないようなので、ゴールデンウィーク等の宿泊費用高騰時のポイント宿泊が一番得した気分になれそうです。