富士山と忍野しのびの里 新アトラクション忍者皆伝の道

f:id:tmja:20160229143828j:plain

富士山を近くで見たい要望を叶えにきました。富士山の南側にある”富士山こどもの国”で雪遊びをしながら富士山を眺め、宿泊は北側。静岡側と山梨側の両方の富士を楽しむ計画です。

aok.hatenadiary.jp

f:id:tmja:20160229143850j:plain

宿泊したのはホテルレジーナ河口湖の9階、最も国道139号寄りの部屋(デラックスツイン51平米)でした。富士急ハイランドも樹海越しに見えます。

f:id:tmja:20160229143905j:plain

パノラマ展望の富士山は絶景の一言。満足です。

f:id:tmja:20160229143947j:plain

河口湖冬花火もエレベータホールから楽しむことができました。夕食を”甲州ほうとう小作”で頂いたので湖畔まで出てもよかったのですが、子供達が疲れ気味だったのでホテルで鑑賞。

f:id:tmja:20160229143958j:plain

翌日は一日曇りの予報が出ていましたが、朝方は富士の全景を楽しむ事ができ満足。景色に興味ゼロな子供達を楽しませる為に忍野へ向かうことにします。

f:id:tmja:20160229151309j:plain

忍野しのびの里に到着。昨年秋にオープンした忍者テーマビレッジで、”忍者皆伝の道”という新アトラクションが出来たとのニュースを目にしたので、今回の目的はその新アトラクションです。

天気が良ければ富士山が望める庭園ですが、咲き誇る花も冬でなく、生憎の曇り空で富士山も見られません。朝一番の訪問のためか、自分達以外は入館時には誰もおらず少し寂しい状態でした。

f:id:tmja:20160229151111j:plain

忍野手裏剣道場で肩慣らし。おもてなしを体得した忍者さんの指導付き。

f:id:tmja:20160229151213j:plain

ここが、新アトラクション”忍者皆伝の道”です。手裏剣道場の隣にありました。忍者に必要な能力を磨くアスレチックコース(7種)があります。

狭い足場を壁伝いに進む「つたい壁」、狭く細い丸太の上を進む「丸太渡り」、点在する複数の丸太を渡る「飛び丸太」、鳴子が付いたロープをかいくぐり進む「鳴子地獄」、クモの巣のように張り巡らされた糸をつかんで進む「大蜘蛛の巣」、随所の仕掛けを見破って進む「からくり迷路」、最後の難関の高台「しのび物見台」。

f:id:tmja:20160229151128j:plain

春に小学生になる長男は全7コースを難なく突破。3歳の長女は早々にリタイヤでした。

f:id:tmja:20160229151152j:plain

鳴子地獄”と”からくり迷路”が挑戦し甲斐があり、楽しかったとの長男コメント。小学生低学年で30分~60分ぐらいは遊べそうです。

f:id:tmja:20160229151248j:plain

遊び終わった後は足湯で休憩。物足りないのか”からくり屋敷”に行くことに・・。

f:id:tmja:20160301100727j:plain

からくり屋敷の案内が載っている公式パンフを眺めてみると、この屋敷最難関タスク”剣探し”の答えが描かれているではないですか? 漢字だらけのパンフなので、子供は見ないだろうから、親御さんにこっそり教えますよと受け取りました。

f:id:tmja:20160229151053j:plain

からくり屋敷内は基本撮影禁止ですが、最後の関門・囲炉裏のある部屋のみ撮影可。初回訪れた時には、我が家では見つける事が出来ず、忍者さんに教えて貰いました。どこかに隠し扉があるに違いないと必要に探し続けていました・・。

忍野 しのびの里
住所:山梨県南都留郡忍野村忍草2845
営業時間:09:00~17:00(年中無休)

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村