富士山こどもの国 雪の丘に遊びにいった

f:id:tmja:20160225114953p:plain

富士山こどもの国に遊びに行ってきました。富士山の麓、静岡県富士市にある巨大な公園(94.5Ha)で、先月末に撮った上空からの写真だと赤丸をした場所が富士山こどもの国です。チェーン規制は大丈夫だろうと推測してノーマルタイヤでの訪問でしたが、運良く凍結していた場所もなく問題なく到着。

f:id:tmja:20160222173246j:plain

当日は最高気温が20度にもなる暑い日で、駐車場から雪の丘までの15分程の徒歩が大変でした。ほとんどの人が駐車場で服装を変えてから雪の丘まで歩いてるなか、スーツケースをゴロゴロ引っ張っていたのは我が家だけ・・。

f:id:tmja:20160224165521j:plain

訪問したのが2月21日でしたので、富士山の日(2月23日)関連イベントの案内があったようです。ちなみに、この日は入場料(大人820円)が無料で公園を開放されていました。

f:id:tmja:20160222173436j:plain

雪の丘までの遠く長い道を進みます。随所に雪ダルマ君の案内看板があり分かりやすかったです。マフラーは暑いのでは、と聞きたくなる陽気です。

f:id:tmja:20160224164403j:plain

雪の丘にやっと到着。2月だというのに暑く、本当に雪遊びが出来るのか不安になりましたが雪が見られてやっと安心できました。

入場料無料だからなのか、かなりの賑わいぶり。売店の裏手にテーブルとイスがある休憩エリアがあったので、そこで子供達の着替えさせました。

f:id:tmja:20160224164609j:plain

道路を横切るホースに気が付いた長男。赤いホースのなかを凄い勢いで雪が飛んでいっているのが感じられます。この先は人工雪を製造している設備(関係者以外立入禁止)のはずです。

f:id:tmja:20160224165009j:plain

ホースの出口はソリ場(短距離コース側)にありました。すごい勢いで雪を吐き出しており、みぞれ状の大粒の人工雪です。

f:id:tmja:20160224165259j:plain

ソリ場(短距離コース)を上からに眺め。自由放任ルールではなく、係員が滑り始めてよいタイミングを合図を出していました。滑り終えた人たちが全員エリア外に移動してから、次の人達が滑り始めるようにとしっかり管理がされていましたので、子連れの親としては安心感がありました。

f:id:tmja:20160224165921j:plain

100m長距離コース側。こちらも係員のスタート合図を待ち、いっせいに滑り始めます。

f:id:tmja:20160224170146j:plain

順番待ち中に写真を撮ってみました。午後の訪問だったため結構コース滑り初めての箇所が荒れてしまっています。滑り始めるまでの待ち時間は短長距離コースともに5分程で、待たされる感じを受けませんでした。

f:id:tmja:20160224170444j:plain

100メートルコースを一番下まで滑り終え上部を見上げています。天候が良いのが理由かもしれませんがデニム+長靴でも遊べる状態(多少、雪は入ってくる)。写真右奥に富士山も写っていました。

f:id:tmja:20160224171817j:plain

男の子の憧れの重機(雪慣らし)。残念ながら稼働するところは滞在中には見られず・・。この乗り物が100メートルコースを昇り降りする場面は迫力がありそうなので、是非とも見たいものです。

f:id:tmja:20160222174321j:plain

雪遊び広場側に移動しました。かまくら、雪ダルマ、せっせと皆さん作っています。大人の男性が結構本気になっているのを見かけました。

f:id:tmja:20160222173015j:plain

今回の作品はこちら、アナと雪の女王にでてくるオラフのつもりです。何か納得がいかない、ニンジンを持ってくればよかったと少し後悔・・。

f:id:tmja:20160224172649j:plain

富士山の日イベントで登場して来たゆるキャラ達、ふじっぴー(静岡県)、むすびん(富士市)と言うらしいです。両方とも初めてみました。

f:id:tmja:20160224172844j:plain

 ミス富士山がアシスタントを務め、子供向けのクイズ大会がありました。大人が答えを教えてよいルール(携帯で答えを調べるのは勿論禁止)で、ほとんどの子供達が全員正解のようで楽しめているようでした。

100メートル級のソリは、本州では最長クラスなので滑り応えがありました。ただ、うちの6歳と3歳の子供達はテンションが高かったのは初めだけで、数回滑ったら満足してしまったようですが、親としては夢中で「まだ、帰りたくない」と滑り続けて欲しかったので少し残念。

公園内にある大人気のクモの巣ネットは、時間の制約で遊ぶことが出来ず未体験のまま。ロッジやパオの宿泊施設もある楽しみ甲斐のある公園と解ったので、また改めて来たいと思いました。