ヒルトン・ダイヤモンドキット到着 & ヒルトン成田での部屋選び

f:id:tmja:20160212111034j:plain

12月末にステータスマッチで取得したダイヤモンドステータスのキットボックスが到着していました。コンラッドに宿泊して1泊カウントになったから送付されたのか、ステータスマッチで上級ステータスになったために郵送されて来たのかは解りませんが、スウェーデンから発送されてきました。

aok.hatenadiary.jp

f:id:tmja:20160212111046j:plain

開封してみると、ダイヤモンドカードと、トランプ、それにトランプゲームの各国ルールを記した解説書が同封されています。Hilton HHonors Playing Cards Game Rules - Japanese

f:id:tmja:20160209152241p:plain

用があってヒルトン成田に予約を入れました。深夜着→朝発の寝るだけコースなので、宿泊先はどこのホテルでも良いのですが、ダイヤモンドステータスの威力?を体験したくてこちらを選択。

宿泊日の前日予約でしたので、予約後すぐに部屋を選べるように。予約をしたのはDELUXE TWINルーム、既存に割り振られている部屋は10階のDELUXE PLUS TWINルームとなっていました。ざっと確認するもスイートルームはやはり選択外のようでした。

f:id:tmja:20160209152257p:plain

バカと煙りは高いところが好きの通り、選択可の最上階12階に空き部屋を探します。事前に宿泊する部屋を選べる、ヒルトンのこのサービスはお気に入りです。この部屋を選べば展望がこうなるかなとグーグルマップと突き合わせをする工程が楽しいです。

ヒルトン成田は弧を描く半円の建物なので、内側は展望が望めないので無視(もとから選択可能な部屋はなし)して空港側の展望が望める部屋を探します。以前宿泊したことのあるプリンセス・スイート(1226号室)のより南側に空港が見えたとの記憶を頼り1224号室を選んでみました。

f:id:tmja:20160209152316j:plain

夜11時すぎに到着。ヒルトン成田の部屋には書家によるアートカリグラフィが書いて(貼って)あるのですが、今回の宿泊した部屋には蘇軾の”柳緑花紅”が書かれていました。”やなぎはみどり、はなはくれない”と聞くと、”風が吹いたら南無阿弥陀仏”が続いて頭に浮かんでしまいます・・。東京凮月堂のフレーズショコラが置かれていました。

f:id:tmja:20160209152416j:plain

日の出前に起床して、カーテンを開いて外を眺めました。成田ビューホテルが真正面に聳え立っています。あれ? 想定では空港方向を向いているはずだったのですが・・。

f:id:tmja:20160209152429j:plain

 成田空港は10時方向に見えました。やはりヒルトン成田は滑走路から遠く感じます。

コンラッド東京、ヒルトン成田とたて続けに宿泊しましたが、Hオーナーズのゴールド会員とダイヤモンド会員で享受できる特典の差は余りないように思えました。ゴールド会員でも配偶者無料(+幼児添い寝無料)+朝食無料+駐車料金無料等があるので十分な特典が享受できるので、ゴールド会員特典が優秀すぎて期待値が高くなりすぎているのかもしれません。

3月に中国訪問予定があり、ヒルトンに宿泊先が決まりそうです。今度は海外でのダイヤモンド会員待遇を体験してみようと思います。