ジャンボジェットB747の1A席(ファーストクラス貸し切り状態)堪能

f:id:tmja:20160201211515j:plain

仁川空港に展示されているLG社製・世界最大OLED(13m x 8m)に写っていたジャンボジェット離陸シーン。チェックインカウンターで、搭乗する仁川→成田ビジネスクラスへのチェックインした時の自分の気持ちそのものにすら思えました。

f:id:tmja:20160201220401j:plain

カウンターにて、ファーストクラスにアップグレードの一声、しかも、現在ワイドオープンなのでどの席を選んでも良いと言われたのです。

本日搭乗予定は、既に国内エアラインではなくなったジャンボジェットB747-400。この2階建機は俗にパイロットビューとも呼ばれる位置にファーストクラスが配置されているのです。1Aか1Kの選択ですが、機長席側にあたる1Aにして頂きまいた。

f:id:tmja:20160201211902j:plain

矢印で示した場所の先頭から窓4つが1A席で、パイロットのサイドウインドウの眺めと位置的に近い場所にあたります。普段は最後に乗れば良いとゆっくり搭乗するのですが、今回は楽しみが優り1番に並んでいました。

f:id:tmja:20160201212059j:plain

1番乗りです。CAさんが中国語で話かけてきたと勘違いし、中国語でB747のファーストクラスは初めてなので嬉しく、家族に見せたいので写真を撮っても良いか?と回答する程に舞い上がっていました。

f:id:tmja:20160201212447j:plain

 33Lから離陸直前に撮った1K席側の眺めです。機体先頭部分なので左右窓共に風景が後ろに流れていくのが楽しめます。ぐるっと見廻しても他客が見えません。ファーストクラスエリアほぼ貸切りは初めてで、通常のファーストクラスがカプセルホテルの1ルームにすら見えてしまう贅沢な空間でした。

f:id:tmja:20160201213218j:plain

1A側の風景です。タクシー中もタクシーウェイ上の表示もよく見え旅客機機長がどう見えてるのかが想像できます。

f:id:tmja:20160201213152j:plain

前方の観音扉内は、コート等をしまうクローゼットでした。前壁にフラットディスプレイで旅客機前方を映してくれればとCAさんにお願いしてみましたが、笑われてしまいました。

f:id:tmja:20160201213703j:plain

f:id:tmja:20160201213724j:plain

離陸中に左右を撮影。東へ旋回してソウルへ向かっていました。国境近くが入る写真は撮るのを控えました。CAさんは後方から突然現れるので、いつ見られているか察知できず、あとあとで問題になるのは避けたいのが理由です。

f:id:tmja:20160201215230j:plain

ソウル上空に達しました。エンルート上の天候は曇りとなっていたので、これだけ見渡せたのはラッキーでした。東京同様にその広がりに際限がない巨大都市です。

f:id:tmja:20160201215249j:plain

f:id:tmja:20160201215306j:plain

雲上飛行に入ってしまいました。CAさん2名が付きっ切りで対応してくれる為、オリンピック開催地・ピョンチャン(発見できず)や、YangYang空港(発見)の発見を手伝ってくれました。雲間から探す必要があったので難易度が高かったです。

日本海に出たところで昼食開始。ウルルン島、竹島(独島)探しを継続していた為、テーブルは使用せず。テーブルを出してしまうと、窓まで距離があり覗き込むことが出来ないのでCAさん達も笑って了承してくれました。

f:id:tmja:20160201215355j:plain

f:id:tmja:20160201215329j:plain

37度超えが1週間を超え、体調がすぐれない為か途中から寝てしまったようです。寝ていた時は暗かったので、CAさん達が片側13枚x2=26枚の窓を閉めて頂いたのでしょうか? 着陸前に部屋が明るくなり目が覚めたようでした。

成田空港に北型からアプローチを。B747-400が第二滑走路に降りられるのか?、東峰神社に激突か?と心配をしましたが、燃料満タンではないためか余裕を残して降りていました。

f:id:tmja:20160201210245j:plain

成田空港に無事到着です。これまで体験したフライトでも、最も記憶に残る素晴らしいフライトでした。アシアナ航空さん、有難うございました。