埼玉県川口市 オウムのカフェFREAK訪問

f:id:tmja:20160124234614j:plain

先日、オウムカフェに遊びにいってきました。この日は、家族でのクルーズ船搭乗予定を楽しみにしていましたが、水位の高さと強風により運行を中止いたしますと当日連絡を受けての急遽予定変更でした。

都下のフクロウや鷹などの猛禽類猫カフェを探すも、幼児不可がほとんどと解り、こちらに流れついた感じです。動物カフェはこの日が初めてです。

f:id:tmja:20160124234259j:plain

JR武蔵野線東川口駅側の建物の一角にお店はありました。周辺にコインパーキングが多数あり便利な場所です。横並びにある学習塾とは正反対の外観、営業前の塾は全面広告満載ですが、オウムカフェは営業してるのかな?と中を覗かないと解らないほど。

www.parrot-freak.com

f:id:tmja:20160124234313j:plain

店内は飲食スペースと鳥スペースがガラス戸で仕切られています。このジャンルのカフェは衛生上はどうしているのか気になっていたのですが、こうなっているのかと納得です。

テーブル上にあった各オウムの紹介パンフを持って、子供達はガラス戸にへばりついていました。

f:id:tmja:20160124234333j:plain

先客が頼んでいたのを見て、自分達もお願いしてみました。オリジナルケーキらしいのですが、妻の評価は芳しくなかったです。あくまでオウム好きな人が開店したのだから、ケーキ屋ではないと後でなだめることに。

f:id:tmja:20160124234346j:plain

5分腕を水平にする必要があり、大型のオウムは幼児には無理と言われテンジクバタン0.5Kgを乗せる長男。このオウムは人懐っこく遊び好きのようです。指や衣服を噛んで戯れていました。長女は怖いから絶対触りたくないと逃げていました。

この鳥は長寿で50年は生きるらしく、飼い始めても看取られてしまうとお店の方より教えて頂きました。

f:id:tmja:20160124234430j:plain

ホンキバタンというオウムらしいです。一番上の写真の状態から一変して、冠羽を開いた状態です。

日曜午後の訪問で、自分達以外にはオカメインコを飼われている方1組しかいない状態でした。動物がいて、そう広くない店内で子供達が騒ぎまったらと心配してましたが無用の心配だったようです。

残念ながら子供達には強い印象には残らず、この店を出た後すぐに寒空の公園に連れていくことになってしまいました。

オウムのカフェFREAK
住所:埼玉県川口市戸塚2-26-18
営業時間: 12:00~20:00 (月火休み)