幼児連れ難関地区 - 六本木ぶらぶら

f:id:tmja:20151207090039j:plain

関東であればマイカーで、遠方であれば飛行機/新幹線+レンタカーでとクルマでの移動が標準になっている我が家のチビ達は歩かない。歩いても自宅から10分で最寄駅までが限界。

なので、都心部に出かける時はいつもピンポイント訪問でクルマ往復をしているのだが、今回は六本木ANAインターコンチネンタルを起点にて、初の都心ぶらぶらに挑戦してみました。

f:id:tmja:20151207090052j:plain

ディズニーランド周辺のホテルであれば、子連れ8割、その他2割とも感じる比率が、ここでは子連れ1割未満。ここから既にハードルが高く、場違いな雰囲気を感じ始める。しかもプールは18歳以上と制限がかかっており、部屋が狭い(28平米)、プールで遊べないと長男の不満気味。

カーテンを開ければ、ライトアップされた東京タワー。オークラ別館、仙石山ヒルズ、虎ノ門ヒルズや、米国大使公邸等も目の前に見えるもモチロン興味の外。チェックインが5時を過ぎていたので、夕食前の子供達の元気度50%以下からのスタートと前途多難です。

今晩の目的地は、ミッドタウンで開催されているスターライトガーデン。目的地まで片道1.4km、18分と表示されるも、幼児連れですので、実際の到着には30分程を要しました。

長女(3歳)は途中で完全ギブアップで抱っこ移動、長男(6歳)は最後まで歩き切るも疲れて不機嫌。元気値は10%まで急降下。この距離を知っていたら、TAXIで行ったと妻から愚痴も聞こえてくることに。

f:id:tmja:20151207111026j:plain

六本木交差点辺りから人が増え、ミッドタウンの敷地内は大賑わい。子供から目を離すと迷子になる混雑ぶりです。週末とは言えクリスマス前なのでと高を括っていたようでした。

ミッドタウン地下のメゾンカイザーでパンと飲み物を購入して、芝生公園とアトリウムの間にあるオープンデッキで寒い風に吹かれての夕食。イルミネーションが見える場所にも関わらず、席はガラ空きで最前列に座れました。子供達の元気も70%と大幅回復。

なお、子供達はイルミネーションには一切興味はなく、一番気を惹かれたのは、偶然通ったハマー改造リムジン車。”あのクルマは長すぎて、曲がれないからぶつかる”と見えなくなるまで目で追いかけていました。

f:id:tmja:20151207110957j:plain

10m x 20m程と結構限定的なエリアでのイルミネーション。事前に予習をしてこなかったので、もっと大きなエリアでしているのかと期待が大きく持ちすぎていました。

3-4分の演出を一通り待てば最前列で眺めることができたのは良かったです。ただ、ここまで来るのに疲労してしまい、感動する体力が残っていないのが残念でした。子供達は寒くて、つまらないようで元気30%まで降下。ホテルまでの帰りは歩くのをギブアップです。

f:id:tmja:20151207090106j:plain

フロントのある2階にあるピエールガニェールのパティスリーでケーキ購入しました。ピンクのヒョウ柄のケーキが気に入りました。子供達も好きなものを選び、元気回復 、ご機嫌に戻りました。

f:id:tmja:20151207175656j:plain

子連れでの旅行は、子供達がある程度大きくなるまでは滞在型でないと、子供だけではなく、付き添っている大人も負担が大きいとよく解りました。

皇居乾通り参観、化学技術館を徒歩で、東京タワー/愛宕神社をクルマでと欲張りな計画を翌日しているのですが、適度なところで切り上げるなり、計画変更をするなりが必要そうです。