IJ601 (成田→佐賀)春秋航空日本 初めて搭乗してみた

f:id:tmja:20151202210447j:plain

つい先日、第三ターミナルに来たばかりですが再訪です。これまで国内LCCで持ち込み荷物の重量を計られた事がなかったので油断していましたが、春秋空港ではチェックイン機の前に係員がおり、厳格な重量チェックがありました。

計測結果は書類鞄が5.24㎏の0240グラムオーバーでダメ出しされました。鞄にはいっていたペットボトルを外して再計量、OKを頂きチェックイン機まで通して貰うことに。

f:id:tmja:20151202210432j:plain

搭乗機はエンジンカバーが大福型の737です。機体も新しく、春秋航空のデザインもすっきりしているので好印象を抱きました。どうも、ボーイングのほうがエアバスよりも外観でみもしっくりくる気がします。

f:id:tmja:20151202210500j:plain

どなたかお偉いさんが搭乗しているのでしょうか? 作業者の皆様による見送りがありました。

f:id:tmja:20151202211012j:plain

ここ1か月で乗った便はすべて天候が優れず、今日も成田空港出発後すぐに雲上飛行となってしまいました。

f:id:tmja:20151202210512j:plain

甲府から琵琶湖付近まで雲が切れたので写真を撮ってみます。冠雪した白根三山です。昔泊まったことのある北岳山荘が見えないものかと、目を凝らして探しましたが見つけられませんでした。

f:id:tmja:20151202210533j:plain

北アルプスの山塊と乗鞍岳、その手前に御嶽山が見えました。あの山が噴火をしてから、もう1年を過ぎているのですね。

f:id:tmja:20151204180027j:plain

 京都辺りからまた雲上飛行となってしまった為、ノートブックで仕事をしていると、いつの間にやら有明海に出て来ました。TAKEOで旋回して柳川に向かう途中に、上空から見ても圧倒されるような海苔の大規模養殖場が広がっていました。

f:id:tmja:20151202225323j:plain

佐賀は熱気球が盛んなのだと、発行されている航空チャートからも解ります。たしか、国内でバルーンフライトエリアが設定されているのはここだけのはず。航空区分図で初めてみた時は”なんだ、これは?”でした。

佐賀ー唐津間で50kmはあるでしょうから、結構広大な空域で熱気球の邪魔をするなと通知が正式に出されています。この空域のカタチは周辺空港(目達原、佐賀、長崎)との位置関係で決められたのでしょうが、このカタチに至るまでの経緯が興味深そうです。

f:id:tmja:20151202210553j:plain

 荷物アンローダーの屋根に、「ご利用ありがとうございます お客様の手荷物を丁寧に取り扱います」と書かれていました。

ほとんど雲の中か雲上飛行だったのですが、機上ではなくては見られないものを沢山見ることができ満足できま