GK103 (成田→新千歳) 日帰り札幌出張

f:id:tmja:20151130071924j:plain

2週間程前に訪れたばかりですが、北海道への日帰り出張にまた出かけてきました。ANA/JALですと羽田ー新千歳の前日購入は片道2万円後半でしたが、ジェットスターは手数料/施設利用料等すべて込みで7,000円程程で購入できたので助かりました。

登場予定GK103便は07:25発と朝早く、自宅から行くと間に合うかどうかギリギリとなってします。訪問先とのアポがあるので、乗り遅れは冗談にならず空港付近のホテルで前泊しました。

ホテルのシャトルバスで第二ターミナルに着くとと雨が降っていました。

f:id:tmja:20151130071959j:plain

第二ターミナルは、ホテルで寝泊まりをしていたと見受けられる人達ぐらいで閑散としていました。

静まり返った第二ターミナルと比べて第三ターミナルは、チェックイン終了のアナウンスや、荷物再検査の呼び出し、賑わう旅客と早朝6時過ぎの時間帯にも関わらず賑わっています。

f:id:tmja:20151130072028j:plain

天候は芳しくなく、札幌でも40cmの積雪で大量欠航があったとニュースと聞いたばかりでした。翌日に関東で参加必要な会議が複数あるので、この日帰り出張はキャンセルしようかと搭乗するまで悩んでいました。復路便は最終便のひとつ前にあたるGK114を予約することで自分を説得させました。

前回、同じ成田→新千歳路線に乗った時よりも見通し悪し。下北半島津軽半島を上空から眺めたいという希望は今回も叶いそうにありません。

aok.hatenadiary.jp

f:id:tmja:20151130072042j:plain

千歳までのフライトは、予想の通りほぼ全行程が雲上飛行となりました。

グライダーでこの高度を操縦しているのであれば一生の記憶に残るフライトとなりそうですが、旅客機ではただの普通の景色です。今回は津軽海峡すら見ることができませんでした。

f:id:tmja:20151130072055j:plain

雲の下に出て、視界が広がったのは苫小牧に迫る直前でした。2週間前には見られなかった雪景色が広がっています。トヨタ北海道工場のある苫小牧西港から室蘭に続く海岸線がよく見えます。

f:id:tmja:20151130072108j:plain

新千歳空港も雪に覆われていました。給油スタッフの方々も白い息をしながら作業をされています。

成田出発前に、引き返しや他空港への着陸の可能性があるとアナウンスがなかったので、あまり心配していませんでしたが無事新千歳に到着できました。