旧陸軍桶川飛行学校

 f:id:tmja:20151018165132j:plain

埼玉県桶川市にある、旧陸桶川軍飛行学校跡を訪問してきました。

国内で現存する唯一の陸軍飛行学校です。ホンダエアポートの対岸にあるのですが、映画 空人(くうじん)のロケ地として知るまでは、まったく知りませんでした。

 入口の脇に17日公開されたばかりの“空人”のポスターが見えます。リンク先の撮影風景写真を見ると、兵舎前での撮影はここでされたのが判ります。切妻造の一番大きなこの建物は宿舎として利用されていました。

f:id:tmja:20151018165146j:plain

ボランティアの方々より、この遺構のことを色々教えて頂くことが出来ました。現地の方が多く、こどもの頃にこの飛行学校から太郎右衛門橋を渡り、飛行場まで行進するのをよく見たとおっしゃっていました。また、当時の滑走路は現在より長く、橋の袂までが滑走路だったそうです。

飛行学校の分教場としては昭和12年6月より昭和20年2月まで。その後は終戦までは特攻攻撃隊の訓練施設。戦後は引揚者の住居として使用された歴史を持ちます。この建物が75年以上も維持されたのも、引揚者が最近(平成19年)まで住み続けていたのが大きな理由だったとか。

f:id:tmja:20151018165158j:plain

建物は内部も公開されています。一部廃墟と化している場所もありますが、木造の兵舎、守衛所、車庫等、当時の雰囲気が伺えます。写真に映っている床を土間コンクリートと言うのを初めて覚えました。

f:id:tmja:20151018165236j:plain

兵舎跡の各部屋には、この地の歴史を語る展示が多数あります。練習機で特攻に参加をした第79振部の行路図が目に留まりました。桶川→各務原山口県小月→陸軍知覧飛行場、そして破線で沖縄までの経路が見えます。

この地の価値を保存継承する計画を桶川市が既に開始しており、オリンピック前の完成をターゲットに動き始めています。遠くない時期に建物群も解体・復元作業に入るので、訪れるのであれば早めにとガイドの方がおっしゃっていました。

熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(旧陸軍桶川飛行学校)
埼玉県桶川市川田谷2335
旧陸軍桶川飛行場を語り継ぐ会はこちら  http://okegawa-hiko.jp/
土日祝のみ見学可能
敷地内に駐車スペースあり

一緒に訪問していた子供達にも優しく接して頂き、渡り廊下脇の柿を沢山取らせて頂きました。